0857-50-1567

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
木・祝日・日(予約対応)

鳥取市で不動産購入・売却|ライフエステート > 株式会社ライフエステートのスタッフブログ記事一覧 > 鳥取不動産 ライフエステート★不動産を住みながら売却するのは大変?メリットデメリットや注意点とは

鳥取不動産 ライフエステート★不動産を住みながら売却するのは大変?メリットデメリットや注意点とは

≪ 前へ|鳥取不動産 ライフエステート★母の日   記事一覧   鳥取不動産 ライフエステート★終活で相続した空き家を放置するデメリットは?管理方法と解決策を解説|次へ ≫

鳥取不動産 ライフエステート★不動産を住みながら売却するのは大変?メリットデメリットや注意点とは

カテゴリ:不動産売却

不動産を住みながら売却するのは大変?メリットデメリットや注意点とは

不動産に住みながら売却するケースは少なくありません。
しかし、住みながら売却するのは難しいという話を耳にして不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は不動産の売却を検討中の方に向けて、不動産売却を住みながらおこなうメリットデメリット、注意点もあわせてご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を住みながら売却するメリットとは?

不動産を住みながら売却するメリットは、諸々のコストを抑えられて、引き渡しまで同じ環境で生活できる点です。
住んでいる不動産を売却するなら、当然次に住む新居が必要になります。
住みながら売却しない場合は、引っ越し先の新居の家賃や住宅ローンを支払ううえに、売却予定の不動産の売却が済むまで固定資産税などが課税され続けます。
売却する不動産の住宅ローンが完済前なら、住宅ローンと固定資産税を支払いながら新居の費用も支払うことになるのです。
住みながら売却活動をすればこのように二重で住居費を支払う必要がないので、費用面での負担を抑えられるでしょう。
また、引き渡しまで同じ環境で生活できるため、内覧時にも不動産の魅力をわかりやすく伝えられるというメリットがあります。

住みながらの不動産売却にはデメリットも!

不動産を住みながら売却するデメリットも見ていきましょう。
不動産を住みながら売却すると、生活感が出てしまう点やスケジュール管理が大変になるのが難点です。
住みながら不動産を売却すれば、内覧時に魅力を伝えやすく、家具の配置イメージもしやすいといったメリットがあります。
しかし、生活感が出過ぎてしまうと、かえって悪い印象を与えるかもしれない点に注意が必要です。
また、急な内覧にも柔軟に対応しなければならないのもデメリットに感じるかもしれません。
そのため、購入希望者が決まるまでは内覧が多い土曜日・日曜日・祝祭日はスケジュールを空けておくのがおすすめです。

住みながら不動産を売却する場合の注意点!

不動産を住みながら売却する注意点は、内覧を成功させるためにそれなりの工夫や努力が必要な点です。
不動産を売却するためには、内覧で購入意欲をアップさせることが欠かせません。
前述したように生活感が出過ぎてしまうのはNGですので、常に最低限の掃除や手入れはしておくよう意識しましょう。
また、内覧時には前に出すぎないことも大切で、内覧にきた方から質問があれば答えていく程度が適切かもしれません。

まとめ

不動産売却を住みながらおこなうメリットやデメリットと、注意点をご紹介しました。

住みながら不動産を売却するためには、部屋をきれいに保ち、内覧で良い印象を持ってもらうことがカギとなります。
上手くいけばコストを抑えて住み替えができるのが住みながらの不動産売却です。
ぜひ今回の内容も参考にしてみてください。
鳥取市の不動産売却・買取のご相談は、私たち株式会社ライフエステートお任せください。
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|鳥取不動産 ライフエステート★母の日   記事一覧   鳥取不動産 ライフエステート★終活で相続した空き家を放置するデメリットは?管理方法と解決策を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る