0857-50-1567

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
木・祝日・日(予約対応)

鳥取市で不動産購入・売却|ライフエステート > 株式会社ライフエステートのスタッフブログ記事一覧 > 鳥取不動産 ライフエステート★新居へ引越しの際の挨拶回りはどうすればいい?

鳥取不動産 ライフエステート★新居へ引越しの際の挨拶回りはどうすればいい?

≪ 前へ|鳥取不動産 ライフエステート★共有名義での不動産購入のメリットとデメリットとは?   記事一覧   鳥取不動産 ライフエステート★マイホーム買い換えのタイミング!住宅ローンが残っていても買い替え可能?|次へ ≫

鳥取不動産 ライフエステート★新居へ引越しの際の挨拶回りはどうすればいい?

カテゴリ:不動産購入

新居へ引越しの際の挨拶回りはどうすればいい?

新居へ引っ越しする際に、これからお世話になるご近所の方への挨拶回りは今後生活してくうえでとても大切なことですね。
今回はこの挨拶回りについて、ご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

挨拶回りに伺うタイミングの時間はいつが適当か?

挨拶回りといえば、引越先の新居でおこなうものと捉えがちですが、これまでお世話になった旧居のご近所にも挨拶をおこなうと良いでしょう。
その際、引越しの作業でご近所に迷惑がかかることも多いので、引越日も同時に伝えておくことも必要です。
そのためには、旧居のご近所には、遅くても引越しの前日までに挨拶を済ませておきましょう。
新居での引っ越しの挨拶についてですが、こちらも旧居の挨拶と同様で引っ越しの作業で迷惑をかけることが多いので、前日まで済ませておくと良いでしょう。
遠方からの引っ越しの場合は、事前におこなうのはなかなか難しく、引っ越しが終わってからの挨拶になるケースも多いと思います。
その際は、できるだけ早い時期に挨拶を済ませるようにしましょう。
次に、挨拶回りに適した曜日や時間についてです。
挨拶回りに適した曜日は、土日、時間は日中の明るい時間帯で午前10時ごろ~午後5時ごろまでが良いでしょう。
何度訪問してもタイミングが合わず会うことができない場合は、無理に訪問せず、粗品に手紙を添えドアノブなどに掛けておくと良いでしょう。
挨拶回りの範囲としては、マンションは上下と両隣りのお宅、一戸建ては向かいと両隣りが適当でしょう。

挨拶で手紙を添える場合の例文内容について

挨拶回りの粗品にちょっとした手紙を添えると喜ばれます。
では、その際の手紙の内容の例文をご紹介します。
「この度、〇〇に引っ越してまいりました△△と申します。
引っ越しの際は何かとお騒がせして申し訳ございませんでした。
今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします。」
以上のような内容が一般的です。

挨拶回りの際の粗品について

良好なご近所付き合いを気付いていくための第一歩が挨拶回りです。
その際の粗品選びは意外と重要です。
気遣いの感じられる粗品選びは、良い印象を与え、今後の良いご近所付き合いにも繋がっていきます。
粗品として喜ばれるものは、「貰って困らないもの」や「消耗品」がおすすめです。
そこで、喜ばれる粗品をご紹介します。

タオル

値段的にもちょうどよく、どんな家族構成でも大丈夫です。
いくつあっても邪魔になりません。

ティッシュペーパー

生活必需品であり、無駄になることがありません。
少し贅沢なものを選ぶと、喜ばれます。

トイレットペーパー

こちらも生活必需品で、いくらあっても無駄にならない。
最近は、かわいらしい模様のものなどあります。

ラップやジップロック

ラップやジップロックも、いくらあっても無駄になりません。
商品の種類も少ないので、好みが分かれることも少なく、粗品として人気です。

自治体指定のゴミ袋

最近では、自治体してのゴミ袋を使用しなければいけないところがほとんどです。
必ず使うものとして、最近では挨拶回りで贈る粗品として人気がでてきました。

まとめ

以上今回は、引っ越しの挨拶回りの詳細についてお話しました。
挨拶回り、その際に贈る粗品も今後の生活のための準備の一つであり、とても重要なことです。
贈る粗品選びも相手のことを考え、無駄にならないものを選ぶことが、よい関係を築くための第一歩となることでしょう。
鳥取市の不動産売却・買取のご相談は、私たち株式会社ライフエステートにお任せください。
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|鳥取不動産 ライフエステート★共有名義での不動産購入のメリットとデメリットとは?   記事一覧   鳥取不動産 ライフエステート★マイホーム買い換えのタイミング!住宅ローンが残っていても買い替え可能?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る