鳥取不動産★ライフエステート 一戸建てで猫が脱走しやすい場所とは?脱走防止対策についてご紹介

スタッフブログ

一戸建てで猫が脱走しやすい場所とは?脱走防止対策についてご紹介

交通事故や病気から大切な飼い猫を守るため、外に出したくない飼い主は多いでしょう。
しかし、猫は自由気ままで好奇心旺盛のため、窓やベランダから見える外の景色に刺激を受けて脱走してしまうことがあります。
そこで今回は、一戸建てで猫が脱走しやすい場所と脱走防止対策、キャットワーク・キャットステップを設置する際の注意点などについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

一戸建てで猫が脱走しやすい場所とは?

家の中で猫が脱走しやすい場所はいくつかありますが、その中でも気を付けたいところが玄関・窓・ベランダの3つです。
好奇心が強い猫は多く、玄関のドアやベランダ、窓が開いていたら外に興味が湧いて出て行ってしまうケースは珍しくありません。
特に、元野良猫や以前は出歩いていた外猫が室内猫になった場合、時間が経過しても外の楽しさを忘れられずに脱走してしまう傾向が見られます。
しかし、外の景色が楽しめる窓やベランダは猫の好きな場所であり、何も見えないように閉ざしてしまうのは、猫にとって大きなストレスとなるでしょう。
そのため、ストレスを感じさせない脱走対策を講じることが大切なポイントです。

一戸建てにおける猫の脱走防止対策

玄関からの脱走防止対策としておすすめなのが、廊下と玄関の間に仕切りドアを取り付ける方法です。
空間を仕切れば廊下や玄関の開放感は減ってしまいますが、玄関ドアと仕切りドアを同時に開けなければ猫の脱走を防げます。
ベランダや窓からの脱走を防ぐには、網戸を簡単に開かないようにロックを付けるのがおすすめです。
網戸を固定して動かなくすれば安心して換気ができ、猫にとっても外の空気を感じられるのは嬉しいポイントになるでしょう。

一戸建てにキャットウォーク・ステップを設けるときの注意点

猫のストレス・運動不足解消に良いと言われるキャットウォークとキャットステップですが、猫も高い場所から落下してケガをするケースがあるため設置には注意が必要です。
梁をキャットウォークやステップとする際には、落下防止のためにも広めの幅を確保したり、滑りにくい対策をしたりしましょう。
また、猫は具合が悪い時にその場でうずくまるため、高すぎるところにキャットウォークやステップを設けると、安全を確保するのが困難となります。
しかし、あまりに低いとキャットウォークやステップの意味がなくなるため、はしごや椅子などを使って人間の手が届く範囲に設置するのがおすすめです。

まとめ

元野良猫だけでなく、一度も家から出たことがない猫でも外への好奇心から脱走するケースは珍しくありません。
特に脱走しやすいポイントや注意点を押さえつつ、ストレス・運動不足解消に役立つキャットウォークやキャットステップを設置し、脱走のリスクを軽減しましょう。
鳥取市の不動産売却・買取のご相談は、私たち株式会社ライフエステートお任せください。
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社ライフエステートへの問い合わせはこちら


株式会社ライフエステート スタッフブログ編集部

鳥取市や鳥取東部エリアでの不動産購入・売却は、ライフエステートにお任せください。弊社HPでは、各エリアの不動産情報を特集にしてご紹介しております。また、ブログでも不動産購入・売却を中心に様々な記事をご提供します。


”スタッフブログ”おすすめ記事

  • 鳥取市 ふくべ砂丘らっきょうの画像

    鳥取市 ふくべ砂丘らっきょう

    スタッフブログ

  • 鳥取不動産★ライフエステート 鳥取市のおススメcafeの画像

    鳥取不動産★ライフエステート 鳥取市のおススメcafe

    スタッフブログ

  • 鳥取不動産 ライフエステート★子供との思い出作りに最適!鳥取県のお出かけスポットの画像

    鳥取不動産 ライフエステート★子供との思い出作りに最適!鳥取県のお出かけスポット

    スタッフブログ

  • 鳥取不動産★ライフエステート 新生活の画像

    鳥取不動産★ライフエステート 新生活

    スタッフブログ

  • 鳥取不動産★ライフエステート 成人式のアルバムの画像

    鳥取不動産★ライフエステート 成人式のアルバム

    スタッフブログ

  • 鳥取不動産★ライフエステート 謹賀新年の画像

    鳥取不動産★ライフエステート 謹賀新年

    スタッフブログ

もっと見る