鳥取不動産★ライフエステート 不動産売却における買取と仲介の違いとは?メリット・デメリットを解説!

不動産売却

不動産売却における買取と仲介の違いとは?メリット・デメリットを解説!

不動産売却において、買取と仲介の違いをご存じですか。
不動産売却に慣れておらず、その違いを理解しきれていない方も多いかと思います。
今回は、買取と仲介の違いに絞り、仲介から見た買取のメリットとデメリットを解説します。
ぜひ不動産売却の参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産買取と仲介の違い

不動産の買取と仲介の違いを一言で述べるならば、不動産会社の立ち位置の違いです。
買取の場合は、不動産会社が買主として売主の物件を購入します。
仲介の場合は、売主と買主の仲介者として買主を探します。
不動産買取は、必要な手続きが仲介にくらべて簡単であり、仲介手数料はかかりません。
仲介の場合は、売却手続きが買取にくらべて複雑で仲介手数料がかかり、内覧も必要になります。

不動産売却で仲介と比較した買取のメリット

ここでは、不動産買取を選択するメリットをご紹介していきます。

現金化までが早い

買取の場合、売却活動をおこなって買主を探す必要がないため、手続きが非常に早いです。
そのため、現金化も早く、とにかくスムーズに売りたい方にはおすすめです。

買主が不動産会社なので気持ちが楽

買主が不動産会社であることから、取引するうえで安心度が得られます。
大きなお金が絡む取引において、精神的に安心できることは大きなメリットだと言えるでしょう。

契約不適合責任を問われることがない

契約不適合責任とは、売却した物件が契約書の記載内容と異なる場合、売主が買主に対して負う責任です。
買取の場合は、免責されることが多く、後から不具合が発覚したとしても修理代などを負担する必要はありません。

不動産売却で仲介と比較した買取のデメリット

ここでは、不動産買取を選択するデメリットをご紹介していきます。

相場よりも売却価格は安くなる

買取をおこなう場合は、査定額がそのまま売却価格となりますが、相場から7~8割ほどの売却金額になることがほとんどです。
このため、金銭面に対しては、ある程度の妥協が必要になるのが買取のデメリットです。

買取不可な物件もある

築年数が経っていて利益が見込めない物件などは、買取を不動産会社から拒否される場合もあります。
その場合は、買取不可な物件も買取してくれる不動産会社を探してみることをおすすめします。

まとめ

今回は、不動産買取と仲介の違いについて解説してきました。
不動産買取と仲介の違いを簡単に言うと、不動産会社の立ち位置ということになります。
不動産買取を仲介と比較した場合、メリットもあればデメリットもあるため、これらを考慮したうえで売却方法を検討しましょう。
鳥取市の不動産売却・買取のご相談は、私たち株式会社ライフエステートお任せください。
お客様のご希望に真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

株式会社ライフエステート スタッフブログ編集部

鳥取市や鳥取東部エリアでの不動産購入・売却は、ライフエステートにお任せください。弊社HPでは、各エリアの不動産情報を特集にしてご紹介しております。また、ブログでも不動産購入・売却を中心に様々な記事をご提供します。


”不動産売却”おすすめ記事

  • 鳥取市不動産売買★遠方にある不動産を売却するには?売るまでの流れと注意点を解説!の画像

    鳥取市不動産売買★遠方にある不動産を売却するには?売るまでの流れと注意点を解説!

    不動産売却

  • 鳥取 不動産売却★不動産売却を気付かれずにおこなう方法とは?媒介契約や期間を解説の画像

    鳥取 不動産売却★不動産売却を気付かれずにおこなう方法とは?媒介契約や期間を解説

    不動産売却

  • 鳥取 不動産売買★【不動産売却時にかかる諸経費】の画像

    鳥取 不動産売買★【不動産売却時にかかる諸経費】

    不動産売却

  • 鳥取不動産相続★相続した不動産の売却とは?取引の流れや登記も解説!の画像

    鳥取不動産相続★相続した不動産の売却とは?取引の流れや登記も解説!

    不動産売却

  • 鳥取不動産売却★【売却にむけてまずは査定依頼】の画像

    鳥取不動産売却★【売却にむけてまずは査定依頼】

    不動産売却

  • 鳥取不動産売却★不動産売却の査定方法にはどんなものがある?自分で相場を調べる方法もご紹介の画像

    鳥取不動産売却★不動産売却の査定方法にはどんなものがある?自分で相場を調べる方法もご紹介

    不動産売却

もっと見る